空調服

空調服

空調服

このページは「熱中症の予防方法 」の情報コンテンツです。
空調服 > 熱中症の予防方法

豆知識

熱中症の予防方法

熱中症を予防するためには、日頃から各自が気をつけておかなければいけません。熱中症にならないためのポイントをご紹介します。

水分をこまめに補給する

暑くなると、大量の汗をかきますので、体に水分を補給してあげる必要があります。ただ、汗には塩分も含まれており、水だけ補給すると、体の塩分濃度が薄まり、体が水を受け付けなくなります。結果として、必要な水分を補給できずに熱中症を起こしてしまうのです。水分補給は、0.1~0.2%程度の塩分を含んだものがいいのです。疲れているときは糖分も必要ですから、運動時など大量の汗をかいたときの水分補給にはポカリスエットのようなスポーツドリンクが適しています。高齢者は、のどが渇いた、という信号が発されにくくなっています。周りの方は注意してあげましょう。

健康状態に気をつけよう

体調不良のときは熱中症を起こしやすくなります。特に下痢など脱水状態のときは注意が必要です。薬によっては、利尿作用があったり、発汗・体温の調節機能に影響を及ぼすものもありますので、かかりつけのお医者さんに確認しておいた方がいいでしょう。糖尿病や腎臓病の方は特に脱水症状を起こしやすいのでこまめに水分補給をした方がいいでしょう。

急に暑くなる日は危険

体温を調節するためには、汗をかく機能が大切なのですが、うまく汗をかけるようになるには、暑さへの慣れが必要です。暑い環境で運動や作業をしていると、3日くらいで汗をかく自律神経の反応がよくなってきます。1月程度すると、余分な塩分を汗とともに放出しないようになり、熱中症に起こりにくい体に適応していきます。しかし、久しぶりに暑い中で作業したり、急に暑くなると体がうまく対応できないませんので、注意が必要です。

服装に工夫を

熱中症を予防するには服装にも気を使うべきです。例えば、黒色系の服は輻射熱(照り返し)を吸収して熱くなるので、控えた方がいいでしょう。首回りを襟やネクタイで締めていると、熱気が放出されにくくなります。なるべく襟元は緩めて通気をよくしましょう。理想を言えば、皮膚の表面に気流を感じることができ、汗を吸収して蒸発させる服が望ましいです。そういう面では、空調服は熱中症対策として最も理想的な服と言えます。

こたつ布団でも熱中症に

熱中症になるのは夏だけではないんです。例えばコタツにも熱があるのです。 こたつ布団の場合、あまりにも心地よすぎて朝までそこで眠ってしまう人もおられるでしょう。 パワーを強にしていたなら、低温やけどをしてしまうことも。しっかりと水分補給して、適度にコタツは利用するほうがいいですね。 冬もしっかり気をつけましょう。

空調服 激安通販
ExecutionTime: 234 msec / Memory: 7.6 MB